« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ストレス発散なんて人それぞれだね

おはよございます。
今週はお天気悪そうだけどお互い頑張りましょうね。

いやぁ・・・・蒸し暑いですねぇ・・・。
湿度計見たら85%とか出てるもん・・・。
オエェェェェッ


コパン元気です。元気すぎです(笑)
寝返りなどを駆使して部屋の中を転がりまくってます。
お座りができるまであと少しってとこですね。
抱っこして攻撃もパワーアップした感じで
家事もできないし体力的にもつらいし普通じゃ対応できないので
最近はスリングに頼っております。
重さは変わんないけど本当に楽です スリング。
今では抱っこしてないときでもスリング装着してるのが当たり前になってて
たすき掛けのその姿は選挙の人みたいです(笑)
今は一つしか持ってないので洗い替えを購入したい・・・・。
買って下さい パンキチクン。


パンキチクンの仕事先に
同じ年の赤子がいる人が3人いるんらしいんです。
んで父親同士でいろんな情報交換したりしてるみたいなんだけど
ある人のうちでは週末は必ず外食なんだそうです。
凄いよね~羨ましくないといえばウソになりますが・・・。
我が家はコパンが生まれてから外食はほとんどないので
その事をパンキチは結構気にしてたっぽいです。
まぁ以前もちらっと愚痴りましたが
お休みの日も3食ご飯用意するのはパンクロなので
体力的にいえば辛いですよね。
でも台所に立つのパンクロは嫌いじゃないし
週末用メニューってパーティーメニューみたいなのにして
お酒とかも飲んでるからパンクロ的には全然OKなんだけどね。
コパンには悪いけど・・。

んでパンキチが今度外食に行こうと提案してくれました。
でもね 気持ちは大変うれしいんだけど
パンクロは外食のメリットがあんまり感じられなのよね。
外食って言っても赤子連れだからいろんなこと気をつけなきゃいけないでしょ?
だから行くところ限られちゃうと思うんだよね。コパンの月齢だとさ。
行った先でギャン泣きされたらご飯どころじゃないからさぁ・・・。
あーーーそんなの考えるだけでパンクロ無理ッ。
今はまだその時じゃないわ・・・パンキチクン・・。
なので
「もう少しコパンも食べられるようになったら連れて行ってよ。」
と 提案しました。
そうしたら
「それじゃ いつまでたってもパンクロが楽できないじゃん」
と嬉しいことを言ってくれるので ここぞとばかりに
「正直外食よりも2時間位コパン気にせずゲームしたい!!」と
と言ってみたらなんか真剣に考えてくれて
「じゃあ二時間ゲーム+中華のテイクアウト(パンクロ大好物)でどう?」
と本当にしてくれるかどうかは怪しいけど来週実行してくれることに。

ぱっと口から出た欲求がゲームだなんて・・・我ながら呆れてますがね。
今でもゲームしたり本読んだりとか楽しめてるんだけどね。
でもコパンが寝た後でさぁやるぞ(読むぞ)って臨むんだけど
3分後くらいには自分も寝てるんですよ・・・(笑)
図書館で借りてきた本も毎日1ページくらいしか読めないんだもん。
未読のまま返した本の多いこと。
DSも開きっぱなしのまま寝ちゃうから充電切れで
セーブできてなくて同じとこから何回もやりなおしたりとかだし。
もうちょっと楽しめたらなぁって思うんだよね。
まぁわがままだけどね。
パンクロ母に知られたら滅茶苦茶怒られそうです(笑)
とりあえずは週末楽しみにしようと思ってます。

でもここだけの話・・・
本当は2時間なんて足りません(笑)
有野課長ばりに13時間位やりたいです・・・。
あぁ・・・。

| | コメント (0)

KKTの人

おはようございます。
今週もお互い頑張りましょうね。


かなり間があいてしまいました。
特に何もなく相変わらずの生活だったのですが
PCの前にゆっくり座れませんでした。
下書きとかちょいちょい書いてたんだけど
更新まで行かず・・・・・・・。
コパンに邪魔されてばっかでした(笑)
今日はちゃんと更新するぞ。

そんなパンクロ。
最近教育テレビの「みいつけた」という番組にはまっています。
なんかやたらとイスが出てくる子供番組なんですが
それのイスのうたが頭の中でぐるぐるまわっております。
キャラクターとかもあんまし媚びてなくて面白いです。
コパンよりもパンクロが夢中になっております。

コパンにTVを見せたらダメだとはわかってるんだけど
気づいたら一緒に見てしまっています・・・。
ちょっと考えないといけないなぁ。
うーむ。


入院中の話ですが


コパンを出産して6日目の夜
次の日はいよいよ退院ということで
その日の晩御飯は病院からお祝い膳というのが出たのです。
んでせっかくだからパンキチの分も注文して一緒に食べることに。
その夜はパンキチも泊っていって
次の日一緒に帰りましょう。 という計画でした。

ところがパンキチの奴ご飯食べたら帰ると言い出したのです・・・・。
理由は「病院の簡易ベットは硬すぎて腰にくるから」なんですけど。

その時のパンクロは大変弱気というかさみしんぼうというか
ホルモンのせいなのかよくわかりませんが不安定になってました。
退院後にやってくる実家での生活にも不安を感じていたしね。

コパンは夜新生児室に預けるシステムだったから
パンキチが病院に泊っていく今日は
夫婦2人でゆっくり・・・・って思ってたんです。当分ないだろうしね。
出産してからパンクロ必死すぎて
あんまりパンキチと話してないなぁと感じていたし
まぁ自分で思うよりも楽しみだったみたいなんですよ その日が(笑)

なのにパンキチの腰痛が悪化しちゃってね。
病院の簡易ベッドのマットは本当にペラッペラだったから
パンクロもさすがに無理は言えず・・・でも・・・でも・・・・。

んで帰ることが決まったとたん
パンクロ泣いちゃいましてね(笑)
パンキチクンもこれにはびっくりしてて。
散々慰めてくれて時には「もうお母さんなんだから」と叱ってくれて・・。
なんとか気持ちがおさまってくれたところに面会時間は終了。
コパンを新生児室に預けに行きつつパンキチクンをお見送り。
このときにはパンクロももう笑ってて全然大丈夫だったんです。
なんであんなに泣いちゃったんだろう?って思ったくらい(笑)

んでナースステーション内にある新生児室に行ったら
その日の当直の看護士さんがいました。
この人は初めて見る人で非常勤ぽい人でした。
んでコパンを預けてお願いしますと立ち去ろうとしたら
「風邪気味?大丈夫?」と優しく声をかけていただきました。
でも風邪なんかひいてないし?なんでそんなことを?
と思っていたら
パンクロ泣きすぎて涙が引っ込んだ後も鼻水ズルズルだったんです・・・。

でも ここでいやいやこれはちょっと泣いてしまって・・・・
とも言い辛いじゃん?大げさに取られたら非常に困るし・・・。
かといって旦那が帰るので泣いちゃったなんて詳しく話したくないし(笑)

でその看護士さんが
「葛根湯出しましょうね。風邪にも効くしお乳にもいいのよ」
と本当に親身になってくれたのと
風邪だと思われたんだったら赤子がいっぱいいるここにいる以上
従わなければと思ったので
本当の事は白状せず
葛根湯もらいました・・・・・・たっぷり3日分・・(笑)
とりあえず一袋飲んだけど効いたかどうかなんてわかるわけありません。
そのまま持って帰ってきた大量の薬を見るたびに思い出す
病院での恥ずかしい思ひ出・・・・・・・・。

でこの前乳腺炎?と思ったことがあったので葛根湯飲みました。
それ以降症状は治まったので
そこで初めて貰っといてよかったと思いました。
葛根湯ほんと良いですよ。

なんで思い出したかというと
この前ジャスコでコパンのおむつ換えに授乳室に行ったら
栄養士さんみたいな人が身長体重を測ってくれるコーナーがあったんだけど
よくよく見たらこの方↑の看護士さんだったんです。
測ってもらう時に思い切って声かけてみたら
やっぱりパンクロの行ってた病院に時々勤務してると言っていました。
パンクロの事は覚えてなかったけどね。
覚えられてなくて良かったよ(笑)

そして今日やっと6か月になったコパン。
葛根湯の人に測ってもらった身長体重は
見事にグラフの真ん中でした。
よかったよかった。

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »