« どっちもどっち | トップページ | しばらくお別れ »

電話と兄弟

高温期 2日目 36.59℃

おはようございます。
さぁドッキドキの高温期。今回はどうでしょうねぇ?
忙しい中でもベストはつくした!
お願いいたしやす。

お盆ですね。
お休みの人が多いんでしょうね。
パンキチクンは明後日からです。
引越しがあるからね。
うわー。引越しまで後3日??
何か緊張するぜ(なんで?)

週末新居の鍵をゲットする事に成功したパンキチ&パンクロ
良かったよ。こうなりゃこっちのもんです。
その足でパンキチの実家に行く事になってたので
行ってまいりました。

本当はパンキチ実家にはもちろん
パンキチ兄家族にもどんなところに住むとか聞いてもらいたかったんだけど
中々予定が合わなくて今回はパンキチ両親だけの予定でした。
でも あと少しでパンキチ兄家付近という頃
パンキチ兄から電話がかかってきてパンクロが取りました。
パンキチクン車運転してたからね。

なんと予定が変わって時間が空いたんだとの事。

それなら一緒にどうですか?迎えに行くし、
引越しでもう当分こっち(実家)に来れないから
会えたらとっても嬉しいです。

みたいな事を言ったと思います。
でもパンキチ兄さんは

パンクロちゃん気を使わなくていいよ。
実家にはもう行けなくなったって言っちゃったし,
今俺一人だし、いいよいいよ。

とこれをご辞退。
私は気を使ってないし、自分が会いたいってのもあって
しつこく誘ったんですけどね。
電話してきたってことは来る気持ちがあったんじゃないのかな?って思ったし・・・
でも結局来ない事になりました。
あんまりしつこく誘っても仕事終わりで疲れてるのかもしれないし
残念無念で電話を切ったんですよ。

でももしかしてパンクロに遠慮してるのかも・・・。
パンキチクンが誘えば遠慮なく迎えに来て欲しいって言うのかもしれない・・・。
と 思い直しパンキチクンにお願いしてみました。

・・普通すぐに電話してくれると思いません?
その時はすでに車から降りていて
パンキチ兄家近所にあるショッピングモールでお買い物してたんですから。

なんと返事はNO!

俺は昔からこういうことでアニキに振り回されてきたんだ。
それがすごく嫌だった。
だから一度来ないって言ったんだったら
もう俺から誘う事じゃない。
ほかっておけばいいよ。

と言われたんです。
しつこいパンクロもいけないですが
パンキチも大袈裟じゃない?
別に無理やり
パンキチ兄さんを連れて来いって言ってるわけじゃないんだから。
電話くらいいいじゃんって思うんだけどなぁ?
どうしても理解できなかったので
少し喧嘩してしまいました・・・・。
パンキチは

ほらっ!こうやってアニキのことでパンクロと言い争いになるからイヤなんだ!

と言っていましたが
君のせいではないか?どちらかといえば(笑)

でも結局電話してやんの(笑)

がパンキチ兄さん出ず・・・・。
きっと仮眠を取ってしまったのでしょう
ほれみぃ!とっとと電話すれば良かったんじゃ!

パンクロの姉妹がベッタリなのは認めるけど
パンキチ兄弟はちょっと訳わかんないんですよね。こういうところ。
本当に電話するの嫌がるんだよな。
男兄弟ってこんなものなの???

用事があるときは携帯メールでやり取りしてることが多いんだけど
それも一回のメールが淡白すぎるので
結局何回も何回もメールする羽目になってるんですよね。
電話したほうが早いじゃん!!って横で見ててかなりイラっとくる・・・。
パンキチ兄さんのお仕事って夜勤などもあり
いつ暇なのか中々つかめないってのはあるんだけど
パンキチクン曰く仕事の邪魔したら悪いからメールにしてるって事なんだけど
それにしたって何かやりようはありますよね?
うーーーんワカランチーン・・・・。

あっでもね?兄弟の仲は悪くないんですよ?本当に。
会えば楽しそうに話してるし、いたって普通。
パンキチは電話でなんか嫌な思い出でもあるのかなぁ?

途中険悪になりつつもそれからは楽しく過ごせました。
パンキチ両親といろんな話できて嬉しかったし。
何よりお義父さんの
「パンクロさんがパンキチをしっかり支えてくれてるから安心だよ。
本当にパンクロさんが一緒にいてくれて良かった。」
というお言葉!! お世辞でも本当に嬉しかったです。

でも、その日パンクロ実家から預かっていた
パンキチ実家への贈り物。
まんまと忘れていたパンクロでした(笑)
次の日クロネコで送ったけど・・・・・。
まだまだまだだな・・・。

|

« どっちもどっち | トップページ | しばらくお別れ »

旦那さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どっちもどっち | トップページ | しばらくお別れ »