« 日曜日にピロピロピロロン | トップページ | ついていけてません »

歯医者にて

低温期 4日目 計ったけど忘れた。

今日は朝イチで歯医者に行きました。
待合室に入るとおしゃべりに夢中なおじ様とおば様と本読んでる人
三人待っていました。

おしゃべりおじ様のほう滅茶苦茶声でかくて
チッ うっせーな(口悪くてすみません)などと思いチラ見したら
おば様のほう小中学校の時の同級生のお母さんだった!!!

ゲッ!と思いばれないように本に集中したワタクシ。
その子と仲悪かったので気づかれたくなかったんですよ。
向こうもわかんないとは思うけど。

でも話し声でかいのと待合室せまいのとで
聞きたくないのに聞こえてしまうんですね。
結婚してヘーベルハウスの二世帯に旦那さんのご両親と住んでいるとか
二人とも共働きだとか
ほんの10分ほどの間に彼女の近況を教えられました。

・・・・本に集中できない・・・・・。と思った頃

おじ様のほうが孫の有無を聞いていた。
まだ今はいないとおば様が言うと
おじ様

「そりゃいかんぞ!子供はもたにゃあ~いかん!」

ホントこの方声でかくてただでさえうるさいのに
この時は絶叫に近い大声でした。
おば様は

「やっぱりいるといいのだけどこればっかりは・・・・。
ローンで忙しそうだしね・・・・。
でも今は共働きで金銭的に余裕もあるから楽しく過ごしてるみたいで
それはそれでいいのかもねって旦那と話してるのよ。」

とか何とかそんなことを返していた。
おば様も話を変えたかったのか違う話を振ったりしてて。
でもおじ様のほうは中々納得しなかったみたいで
ブツブツ言ってたけどおば様のほうの診察が始まったので
そこで話は終わりました。

なんだか腹が立ちましたよ。
上手く再現できなかったけど
おじ様の「子供がいなきゃ夫婦やってる意味がない」っていう気持ちが
ビンビンに伝わってきて。

余計なお世話なんですヨ。

私の想像でしかありませんが
その元同級生だって望んでるのになかなか恵まれないかもしれない。
色々考えたり悩んだりして今の生活をしてるかもしれない。
それをたまたま母親が歯医者で会った近所のオッサンに
世間話の流れでなんだかんだと言われたくないですよね。

そしておば様にもひとこと言いたい。

大事な娘の話を公共の場でベラベラしゃべるのはいかがなもんでしょうか?
実際に私ともう一人本を読んでいた人にも話は筒抜け。
私なんて顔も知ってますからね。
彼女の事はあまり好きではなかったけど
すこし可哀想だなぁと思いました。
せめてこのやり取りが彼女に伝わらないように祈ります。
(大丈夫でしょうが)

しかし家の実家がこんなやり取りを外でしていたら・・・と思うと
ぞっとしますね。
別にやましい事はしてないし、恥ずかしい事もないけど
何も知らない第三者に言われたくないなぁ。
このおじ様に子を宿らせるすごいパワーでもあれば
いくらでもお説教聞きますけどね(笑)


うちの母親は子供作らなくてもいいよってタイプなんです。
姉の子のことはもう過干渉の溺愛ぶり
(これもはたから見るとイタイです)なんですが、
数年前から世を儚み始め、
「今のこんな世の中に生まれてくる子は可哀想だから
あんた達は子供作らなくてもいいよ。」
なんて仰天発言をかましたりします(笑)
まぁ確かに色々怖い事件あるけど
この世に生を受ける=不幸って図式はやめていただきたいです。
これってうちらがちゃんと育てないだろうって受け取れません?
そういう意味じゃないのはわかっているけど・・・・。
来てくれたら幸せにするっつーの。


実の娘だから流してますけど
もし実家に兄弟がいて結婚したら
そのお嫁さんは苦労すると思います。
戦争勃発です。
本当に二人姉妹で良かったですよ。
えらい迷惑かけるところでした。


そんな感じなので母親は赤ちゃん待ちの私の勢いに
少し引き気味です。
それくらいのほうが助かりますけどね。うちの実家の場合。
赤ちゃん欲しいバージョンの母親だったら
それこそ自分達の意思とは関係なく
振り回されていたことでしょう。あぁコワッ
本当にキョーレツなんですよ。私の母親。


でも今日会ったおば様も
本当はあまり込み入った話したくなかったかもしれませんね。
悩んだり考えたりしてないわけないですもんね。娘の事だし。
だからあんな受け答えだったのかもしれないなぁ。
それがおじ様には逆効果だったってだけで・・・。

結局一番おせっかいなのは私ですね。
反省します。ゴメンナサイ・・・・・。

|

« 日曜日にピロピロピロロン | トップページ | ついていけてません »

赤ちゃん待ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜日にピロピロピロロン | トップページ | ついていけてません »